大輪朝顔の用土について

用土について

用土は市販されている物よりも、できれば自分で配合を考えた物を作って使用した方が良いと思います。基本的に腐葉土を多めに使用し、 水はけの良い用土を作る事が基本となります。 用土は園芸店などで購入しますが、それをそのまま混ぜ合わせるのではなく、手を 加えてより良いものを作るようにします。

腐葉土

腐葉土の場合には粗めの(15mm位)ふるいをかけます。なかにはゴミや硬い枝が 混じっていたりしますのでそういう物があったら取り除きます。腐葉土は色々なメーカーから販売されておりますが、安物ではなく、 ある程度値段の高い物を購入して頂きたいと思います。なぜかと申せば、それは腐葉土の熟成度が違うからなのです。 腐葉土は、落葉した葉を堆積し発酵させて作りますが、堆積した葉を何度も切り返して完全に発酵が終った物なら安心して使用出来るの ですが、発酵が未熟のままの物を使用しますと、鉢の中で発酵してしまい植物の根に悪影響が出てしまいます。要は、値段が高い 腐葉土は切り返しを何度もして手間が掛かっているので、コストが掛かり値段が高いという事なのです。なかには高くて悪い物も ありますが、いちおうの目安として覚えておいてください。腐葉土の熟成の具合は、使用している葉の形状を見て判断します。 葉の原形がそのままでしたら、完熟ではありません。触るとポロポロと簡単に壊れるようなら大丈夫だと思います。もし未熟な腐葉土を 購入してしまったら、腐葉土に少量の生の油粕を混ぜて土嚢袋に詰め替えたうえで水を掛けて発酵を促進します。すぐには使用出来 ませんが、ムダにはなりません。

荒木田土

荒木田土は粘土状の土で昔は壁に使用していた土だそうです。主に川や田んぼにある土で、単品では水はけが悪い用土なのですが、 これを少量使う事によって肥料持ちの良い用土を作る事が出来ます。ただ、荒木田土は乾くと微塵が出やすいので、団粒化を促進する 為にE−baという物を用いて団粒化させます。

団粒化の方法と致しまして、まず荒木田土を完全に乾燥させます。次にE−ba の50倍から200倍に薄めた物を荒木田土に吸わせて粘土状にしてよくこねます。それを5mmから10mm位に細かくして、 乾燥させれば団粒化の出来上がりです。私は指で丸めて使用しておりますが、丸めると角が無いので潅水時に崩れ難い利点があり、 より団粒化が長時間続きます。


水はけを良くする為に用土に砂を使用します、川砂を使用してもかまいませんが、小粒の軽石を使っても良いと思います。やはり 輸送の段階で微塵が混入しておりますので細かい目のふるいを掛けて取り除くようにします。

その他

この他に「根腐れ防止剤」や、土壌の排水性を高める働きを持った「もみがらくん炭」や土壌の酸性度を調整する時に使われる「消石灰」 や、「熔成燐肥」なども使用します。

用土の配合に付いて

これらの材料を各栽培場の特徴にあわせて配合するのですが、私が所属しております会の一般的な配合例として、小鉢用では腐葉土40%、 荒砂(川砂、軽石、パミス)30%、荒木田土20%、もみがらくん炭10%、熔成燐肥4g/リットル、 ダイジストン1g/リットル

本鉢用として腐葉土40%、荒砂(川砂、軽石、パミス)20%、荒木田土30%、もみがらくん炭10%、熔成燐肥4g/リットル、 ダイジストン1g/リットル となっております。これはあくまでも目安で、その時に入手した用土の質などによって毎年違って くるものです。

参考までに昨年の私の用土割合を申しますと、小鉢用は、腐葉土7、パミス小粒4、もみがらくん炭2、シーライム1、 ダイジストン1g/リットル、熔成燐肥4g/リットルで、本鉢用は、腐葉土7、荒木田土3、パミス小粒3、もみがらくん炭2、シーライム1、バーミキュライト(中粒)2という配合でした

私が栽培している場所は、3階建てのマンションの屋上で日当たりが良く、非常に鉢の乾きがはやい為に少しバーミキュライトを入れて 水持ちが良い用土にしてあります。小鉢時代には極力潅水をひかえて引き締まった苗作りを主眼としております。その為、夕方までには 用土の表面が乾くような用土作りをするようにしております。しかし、乾きすぎるのも問題で、小鉢時代に30℃前後の気温になると 双葉を枯らしてしまう事にもなり水持ちの事についても考えなければなりません。初めての方は、一般的な例を参考にして配合して 栽培し、経験を踏まえた後、自分なりの用土作りをする事をおすすめ致します。

用土の配合は使用する2〜3ヶ月前までに行っておき、良くなじませる事が大切です。それから、用土のPH(ペーハー)を測定し酸性になっていないか確認する事も重要です。最近では園芸店にて電気的に測定する物や、薬液を使用しカラーサンプルと色を比べて 測定する物など色々な物がありますので、利用してみると良いでしょう。 ほとんどの場合、中性から酸性よりになっていると思われます、PHが6.5〜7くらいになるように調整して頂きたいと思います。酸性になっている場合には、苦土石灰などを配合して中和して下さい。

トップページへ

Copyright (C) 2021アンちゃん&東京あさがお会 All rights Reserved.

本サイト内のデザイン、レイアウト、及び構造等に関する著作権は
本サイトに帰属します。 法律で許可された範囲を超えての
無断転載、及び複製転載することを禁止します。